住宅品質

気候風土と住まいの関係は切り離せません。高温多湿な日本の中でも台風の進路上になりやすい福岡地方は、湿気と強風に強い住宅が求められます。通風機能、防湿機能、台風・強風に強い外壁や屋根の材質・構造をご提供できるのも、地元で培ってきた建築技術とノウハウがあるからです。さらに、耐震設計・耐震構造においても評価を頂いており、さらなる安全・快適住宅をお約束いたします。

画像

木軸の軸組工法(在来工法)

木造軸組工法は、高温多湿の我が国の気候風土に最も適していると言われ、変化に富んだ日本の風土のなかで培われてきたため、屋根裏、床下などの通風がよく健康的です。また、家族の成長や暮らしの変化に合わせて、増改築が容易に行えるのも木造軸組工法の特徴のひとつです。

地盤(地耐力)調査

基礎工事に着手する前に「スウェーデン式サウンディング」(JIS規格認定)と呼ばれる方法で地盤の強度(地耐力)調査を実施します。 又,必要に応じて表層改良や基礎補強を行なうことで不同沈下を回避、地耐力を確保し、住まいの安心を支えます。

ベタ基礎(耐震・耐久・シロアリ防蟻)

アストでは地震や湿気から建物を守るために「鉄筋コンクリートベタ基礎」を採用しています。建物全体の荷重を面で受けるために建物が傾く不同沈下を防ぎ、また高い耐震性も確保します。

基礎パッキン工法・鋼製床束

床下の湿気対策に基礎と土台の間にパッキンを挟む基礎パッキン工法を採用。基礎部分に換気口を設ける従来の工法に比べ隅々まで換気することができ建物を湿気による劣化から防ぎ基礎部分に換気口を開けないことで耐震、耐久性が、高まります。さらに鋼製床束や土台上およそ1mの高さまでの管柱、土台にシロアリ防止処理を行いシロアリ被害を防ぎます。

結束金物

耐震性を高めるために、接合部を強固に結束する金物を各部に設置。
木組構造をさらに強め、安心の耐震性を実現します。

検査・アフターサービス

お客様に自信を持ってお引き渡しをし、安心してお住まい頂くため、施工途中での定期的検査を行っています。さらに建物が竣工し社内検査した後にお住まいになるお客様自身が検査をされる「オーナー検査」も行います。また、「構造耐力上主要な部分」「雨水の侵入を防止する部分」における保証期間を10年としています。