アストのおすすめ 1

リビング・ダイニングが広い物件

家族の集まる中心的な空間がリビング・ダイニングです。

親子のコミュニケーションの場として、家族の交流の場としてママ友や子供達が集まる等、ある程度の広さは確保しましょう。

リビング・ダイニングは住まいの中で家族の集まる場所

間取りで一番気になるのがリビング・ダイニングと思います。

●家族で食卓を囲むソファやコタツでくつろぐ場所。

●子どもと一緒に遊ぶ場所。

●最近では、小学生の子どもがリビングで勉強している場所。

●ママ友のお友達を招いておしゃべりする場所。

●子ども同士を遊ぶ場所。

リビング・ダイニングはできるだけ広く取り広いリビング・ダイニングがあれば、子供たちは勿論、家族のコミュニケーションの場所として広い方が断然、快適でしょう。

リビング・ダイニングが広いと、人が集まる

予算や部屋数を確保するうえでリビング・ダイニングの広さを削らざるを得ないという場合もあるでしょうが家族のコミュニケーションの事や子育てという意味では、広いリビング・ダイニングがおすすめです。

それは子どもが成長するにあたり、親離れが始まり子ども部屋で過ごす時間が多くなります。

そうなると家族間のコミュニケーションが希薄になってしまいがちです。

また、狭いリビング・ダイニングは散かったり友達を呼ぶのにも抵抗を感じるという人もいますし、友だちとの交流が少ないとママのストレスも増える事も有りますので広いリビング・ダイニングが絶対にお勧めだと思います。

アストのおすすめ 2

5LDKイメージ

今、注目の5LDKプラン

5LDKといわれても、ピンとこない方が多いと思います。では、5LDKとはいったいどんな家なのでしょうか。簡単に説明しますと、5LDKとはリビング・ダイニングのほかに5部屋あるという意味です。

子供のための部屋や自室、ご主人様の書斎などを考えると5部屋あると便利ですね。お友達がよく遊びにいらっしゃる方や将来的に親御さんと一緒に住む可能性があるという方も選ばれているようです。

また、昨今の不動産市場においては、核家族化、単身化の進展とともに3LDK(ないし4LDK)以下の物件が多く供給されてきた影響で、中古市場では5LDK以上物件が不足していることから買い手がつきやすいようです。今後も国の財政を反映した高齢化施策(在宅化)や晩婚化の流れを踏まえますと5LDK住宅の資産価値も高まるのではないかと考えております。

LDKと洋室の一体利用で楽しみ広がる

アストでは、小さなお子様と一緒に過ごす時間が長いご家族のために、1階のLDKと洋室を一体としたご利用を提案させて頂いてます。ゆっくりくつろげるリビング・ダイニングとして、元気なお子様のためにギッズルームとして、置き畳を敷いて和コーナーとしてなど、いろいろ使えそうですよね。1階では、お友達を呼んでホームパーティ、お誕生会、ゲームをしたり、また(和コーナーに)たまに親御さん呼んで食事をしてお泊りいただいたり、どんどん夢が膨らみますね。2階では、プライベートルームとしてご夫婦の寝室やお子様部屋、また書斎や趣味の部屋、あるいはお子様が小さい間は物置や衣裳部屋として利用したらいかがでしょうか。プライベートも確保できるのでストレスも貯まりにくいのがうれしいですよね。どんな家にしようか考えるだけでワクワクしますね。

なぜ、アストの5?DKが選ばれるのか

最後に、今なぜ、アストの5LDKプランが選ばれるのかは、それは「アストの安心価格で、この夢の5LDK生活が実現できる」からです。お金を出せばどんな家もできると思いますがそれでは意味がありません。アストは、常にお客様の立場で考え、お客様の将来設計を踏まえた安心価格で提案いたします。建売、注文どちらもお受けします。是非ご相談ください。